内容証明誓約書示談書作成代行

婚約破棄の慰謝料請求


婚約破棄の慰謝料請求の相談・内容証明作成代行

Couple
Couple / mrhayata

当事務所では、

原案作成 9,800円(専門家名職印なし、相談無制限、発送はご自身でしていただきます。)

完全代行 17,500円(専門家名職印あり、相談無制限、発送は当事務所が行います。)

示談書・誓約書作成 24,800円

相談 3,000円(30分、ただし、初回は無料。)

で行っております。

お気軽にご相談ください。

電話番号 077-535-4622

ポイント

婚約について

将来結婚しようと約束したらそれは婚約です。

婚姻とは別のものなので、男18歳女16歳になっていなくても婚約は認められます。

親の同意もいりません。

離婚後6カ月は再婚ができませんが、その間でも婚約は成立します。

ただ、近親婚の禁止に違反する婚約は認められません。

例えば兄妹同士の婚約などです。

ではW不倫中に結婚しようと合意(婚約)したらどうなるか。

このような場合は、無効とする古い判例がありますが、事実上離婚状態にある時に結ばれれば有効と解する余地はあります。

婚約の意味

一方的に婚約破棄された場合に婚約不履行の責任として賠償義務が生じます。

その他、結婚の準備を進める義務や、婚約をきっかけに性的関係を持つなどの意味もありますが、このページでは深く掘り下げません。

婚約解消

正当な理由がなければ損害賠償の対象となります。

何が正当な理由になるかですが、

  • 性格の不一致
  • 容姿に対する不満
  • 年回り
  • 親の反対

などでは不十分とするのが判例です。

損害賠償について

破棄した側が必ず損害賠償義務を負うわけではありません。

損害賠償については総合的に考慮して判断されることになります。

どちらが解消の申し出をしたかは重要なことではありません。

損害賠償の範囲は精神的損害が中心です。

ただ、準備費用は賠償の対象となります。

準備費用としては、

  • 結婚式場や新婚旅行などの申込金
  • キャンセル料
  • 披露宴招待状の発送費用
  • 新居用マンションの敷金・手数料・解約金

などです。

結納について

結納は、婚約成立を確証する一種の贈与です。

婚姻が不成立になった場合は不当利得として返還請求をすることができます。

ただ、法律上の婚姻が必要なわけではなく、事実上婚姻が成立すれば不当利得は成立しないと考えられています。

婚約破棄の慰謝料請求の内容証明の文例

通知書

貴方は、〇〇頃、私に将来結婚しようと言い、年月日に婚約をして結納を交わしました。

しかし、その後あなたは一方的に心変わりをし、年月日には貴方は○○さんと関係を持つに至りました。

そのため、事実上婚姻は不可能になり、婚約は不履行になりました。

貴方の行為は約束違反であり、私はそれにより多大な精神的苦痛を受けました。

また、結婚を前提として○○などの費用がかかっていました。

そこで、私は貴方に対し、財産的損害として○○万円、慰謝料として〇〇万円を請求します。

もし、上記要求に応じないときは法的手段に訴える所存ですので、含み置きください。

例文を使用する上での注意点

あくまで参考にしていただく為に一例を示したにすぎません。

上記文例では不十分な場合も多いでしょう。

個別の具体的事情を加えた上で効果的な文章に仕上げるべきです。

当事務所では、きちんと事情を聞いたうえで適切な文章にしあげます。

もしお悩みでしたらお気軽に御連絡ください。

なお、内容証明と併用して示談書を使うことで効果的な交渉をすることもできます。

具体的場面においてどのような文章を作成するのが効果的かはそれぞれによって異なります。

疑問点などありましたら、まずは一度御相談ください。

電話メールでのご質問・御相談は無料です。

お気軽に御利用下さい。

電話番号 077-535-4622

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メールはこちらのメールフォームからお願いします。(24時間対応)

この記事を各ソーシャルブックマークに簡単に追加できます



このページの先頭へ