内容証明誓約書示談書作成代行

いじめ問題


場面

子供同士のいじめから大人同士のいじめ。

基本的には当人で処理すべきと言うのが建前なのでしょうが、

最近ではそうもいっていられない事例も出てきています。

その様な場合に、どういった対応をとればいいのか疑問に思われる方も多いと思います。

どのような対応をとるにしても、きちんと希望を述べることは避けて通れません。

そのための手段として言葉や手紙がありますし、場合によっては訴訟もあるでしょう。

その一種類として内容証明を考えてみると一定の効果がある場合もあります。

もちろん、安易に内容証明を作成することがいいとは一概に言えません。

場面場面に応じて、適切な対応を考える必要がでてきます。

内容証明の前に一度普通の手紙を出しておくべきか、また、内容証明にするとしても文面にどのような文言を盛り込むべきかなど。

微妙な問題が多いと思います。

疑問の場合は是非一度ご相談ください。


内容証明の文例

場面によって異なりますので、定型文はありません。

  • どのようないじめがあったのか
  • それによってどのような被害が出ているのか
  • 今後どうしてほしいのか
  • それが守られなかった場合にどのように対応することを予定しているのか

などを書いておくことが基本だと思われます

注意点

いじめは非常に繊細な問題ですので、疑問点などありましたら、まずは一度御相談ください。

電話メールでのご質問・御相談は無料です。

お気軽に御利用下さい。

電話番号 077-535-4622

このページの先頭へ