イメージ画像

パワハラ

パワハラに関する慰謝料請求の内容証明作成

パワーハラスメント略してパワハラですが、セクハラと同様にさまざま問題がおこっているようです。

職場内の問題ですので、法律の論理通りに問題を大きくしてしまうとその後に立ち振る舞いが難しくなるという点から泣き寝入りしている方が多いのも事実です。

難しい問題で一概に解決方法を形にすることはできないのですが、直接言うのか書面で言うのか、本人のみで対応するか専門家を入れるか、本人に対して行動するか会社に対して行動するかなどといった分岐点があります。

どの方法にもメリットデメリットがあり、明確な答えなど存在しませんがある程度はメリットデメリットを検討した上で最終的にご自身で手段を選んでいただくことになります。

当事務所では、書面の作成をサポートしています。

専門家の名前をいれる場合もあれば入れない場合もあります。

また、法律的に淡々と書く場合と、高圧的に書く場合、丁重にお願いする形で書く場合などさまざまに書き分けます。

まずは相談から入られる方が多いので、お悩みの方はいちど相談していただければと思います。

お気軽にご相談ください!

TEL:0775354622(9:00~19:00)

メール相談・お問い合わせは、umisoragyousei@gmail.comにお送りいただくか、こちらの メールフォームをご利用ください。(24時間対応)

このページの先頭へ