内容証明誓約書示談書作成代行

債務不履行による契約解除の内容証明文例


ポイント

引渡し請求をしたにもかかわらず引渡しが無い場合、民法上履行遅滞になります。

この場合には、民法541条に基づいて契約を解除し、代金の返還を求める事ができます。

法律上催告後相当な期間を経過したのちに解除の効力が発生します。

法律上の催告も内容証明で行えばいいでしょう。

両方まとめた文章にしてしまうと効率的です。

内容証明の文例

警告書

私は、貴社と平成○○年○月○日に○○の売買の契約をし、代金100万円を貴社に支払いました。

その後、商品の受取日を過ぎたにもかかわらず、商品を引渡しもなく、再三にわたり商品を引渡しを求めてきましたが、未だに商品の引渡しがありません。

よって本書面にて、債務不履行により貴社との売買契約を解除します。

例文を使用する上での注意点

あくまで参考にしていただく為に一例を示したにすぎません。

そのため、この文章はペットの騒音や悪臭を止めることを保証するものではありません。

具体的場面においてどのような文章を作成するのが効果的かはそれぞれによって異なります。

疑問点などありましたら、まずは一度御相談ください。

電話メールでのご質問・御相談は無料です。

お気軽に御利用下さい。

電話番号 077-535-4622

債務不履行による契約解除の内容証明の作成を専門家に依頼したい場合

当事務所では、

原案作成 9,800円(専門家名職印なし、相談無制限、発送はご自身でしていただきます。)

完全代行 17,500円(専門家名職印あり、相談無制限、発送は当事務所が行います。)

相談 3,000円(30分、ただし、初回は無料。)

で行っております。

お気軽にご相談ください。

電話番号 077-535-4622

このページの先頭へ